日創研北大阪経営研究会 > 北大阪経営研究会とは

北大阪経営研究会とは

私たちは健全な経営を志し、
経営を学ぶ団体です。

日創研北大阪経営研究会は、「共に学び、共に栄える」理念のもと、会員同士の悩みや情報を心から分かち合い、共に学び合い切磋琢磨し、相互に励まし合い支え合う、という考え方で運営しております。業績の向上と顧客満足の追求のための学びを通じ、地域社会の貢献と社員さんやパート、アルバイトの皆様の社員満足(従業員満足)や幸せのために学んでいます。

  • 1つの理念

    「共に学び、共に栄える」

    日創研経営研究会の会員は、学ぶことがすべての経営の基本と考える。謙虚に一人一人が学び自らを律せられるようになった時、私たちの会社は理想の職場になり更に栄えていくのである。共に学ぶ心が自分の会社を、そしてそこで働く社員さん一人一人の家庭、人生を、更にこの社会を繁栄させる源泉になるのである。共に学び共に栄える精神をもって日創研経営研究会の理念とする。

  • 2つの目的

    1. 社会貢献
    (人の役に立つ社会に成る)

    ・人財の雇用と育成
    ・納税による地域社会、国家への貢献
    ・新商品、新技術の開発
    ・環境への貢献

    2. 適正利益の確保

    ・活動の存続
    ・社員の高所得、高福祉
    ・職場環境の改善

  • 3つの誓い

    私たちは、汗を流すことを忘れません。投機的なことは、一切手をつけず、健全な経営を心がけます。
    私たちは、社員さんを単なる雇い人として考えるのではなく、経営のより良きパートナーとして、人財の育成に全力でつとめます。
    私たちは、正しい納税を通して、社会に貢献します。

会長挨拶

北大阪経営研究会 会長 斎藤 実

私は企業が成長・発展する為には、その企業にいる“人”が成長し続ける事が必要だと感じております。例え、世界中でテクノロジーが進化したとしても、それらを使うのはいつの時代も“人”だからです。私たち北大阪経営研究会の会員は「共に学び 共に栄える」という理念のもと、人財育成を通して世の中に“人”を成長させる企業へ発展し、社会に貢献していきたいと考えています。是非一緒に学び、自社の成長発展と共に皆さんで幸せを掴みましょう。

北大阪経営研究会
2020年度会長 斎藤 実

活動内容

全ての会員は7つの委員会のいずれかに所属し、それぞれの委員会の仲間と共に 1つの理念、2つの目的、3つの誓いを基本とした講演会と部門別に学びを深める勉強会を開催し、学ぶ環境を作り出していきます。また、経営研究会の3大事業(全国大会、全国経営発表大会、東京特別研修)を通して全国の経営者の方々と共に学びを深めていきます。

数字で見る経営研究会

  • 業種

    (2019年度)

  • 年商

    (2019年度)

  • 従業員数

    (2019年度)

  • 年代別

    (2019年度)

  • 会員数